未成年でも医療脱毛はできる!メリットについて

中学生や高校生も医療脱毛をしている

未成年は医療脱毛ができないと考えている方が多いですが、これは成人してから受ける人が多いためです。かつての医療脱毛機は今ほど高性能ではなく、処理するのに多くの時間と回数を要したため、必然的に費用は高額になっていました。全身脱毛となれば数百万円に達することもあり、経済的に豊かな人でなければ受けるのは難しかったのです。そうした現実もあり未成年は受けられないという話が広まりましたが、実際は中学生や高校生が受けています。年齢制限を設けていないクリニックもありますが、一般的に子どもが脱毛を希望するのは思春期くらいからが多いです。契約においては保護者の同意または同席が必要になりますので、未成年者の自己判断では契約ができません。

子どものころに脱毛をしたい理由

未成年で脱毛するのは早すぎると思うかもしれませんが、それを決めるのはお子さん自身です。思春期になると他人と比較をし、コンプレックスを抱えるお子さんが増えてきます。周りと比べて体毛が濃いと、海水浴やプールに行けなくなる子もいるのです。一般的に医療脱毛を受ける年齢層として多いのは20代~40代ですが、働いて仕事が忙しくなると定期的に脱毛クリニックに通うのが難しくなりますので、未成年のころに脱毛を受けておくメリットは大きいです。医療機関では永久脱毛が可能で、子どものころにツルツルにしておけば、大人になってもツルツルを維持できます。医療脱毛はムダ毛の再生を抑えると同時に、発汗や体臭を軽減するメリットもあるのでエチケットとしても役立ちます。