デメリットをよく理解して医療脱毛を利用しよう

生まれつき肌が弱い人は施術中に痛みを強く感じることがある

未成年がクリニックで全身脱毛をする場合には、自己処理やエステよりも短期間で満足のいく効果を得やすいですが、生まれつき肌が弱い人はレーザーの照射により施術中に痛みを強く感じることもあるため注意が必要です。特に、二つ以上のパーツのムダ毛をまとめてケアしたい人や、時間短縮のために一回の通院で三十分以上にわたって施術を受けたい人については、肌トラブルのリスクを低くするため、施術前によく医師と相談をすることが大切です。なお、クリニックによっては未成年者が医療脱毛の施術に申込をする場合に、保護者の同意書の提出を求めたり、施術を行えるパーツの種類を制限したりするところもあります。そのため、通院先を決める際に各クリニックの違いをよく確かめておきましょう。

施術の間隔が空くと術後の仕上がりにムラが出てしまうことも

未成年者の医療脱毛を歓迎しているクリニックは全国に多くありますが、綺麗な仕上がりを目指すには自分の毛周期を理解したうえで、医師と相談しながら通院を続けることが重要となります。たとえば、学校行事やアルバイトなど様々な理由で施術の間隔が空いてしまう場合には、術後の仕上がりにムラが出てしまったり、すぐにムダ毛が生え始めてしまったりすることもあるため十分に注意しましょう。クリニックによっては、多忙な未成年者のニーズに応えるため、施術の前日までの施術の予約変更を認めたり、追加の施術をリーズナブルな料金で受け付けたりしているところもあります。そこで、当初の予定通りに通院ができるかどうか分からない人は、一人ひとりの患者へのサポートが徹底しているクリニックにお世話になることが大切です。